箱崎まちづくり委員会とは

会長挨拶

箱嶋会長このたび、念願の「箱崎まちづくり委員会」のホームページを持つことができました。
箱崎校区は、JR鹿児島本線高架事業やそれに伴う筥崎土地区画整理事業により箱崎駅の移転、幹線道路の整備が進み、歴史ある箱崎のまちを取り巻く環境が大きく変化してきています。利便性の向上により単身者向けマンションの建設や九州大学の移転に伴う学生の減少などが進み、箱崎に暮らす人々の構成も変化しています。
このような中、校区でどんな活動があっているのかなど的確に情報を提供し、把握していただくことがとても大事です。


現在は、まちづくり新聞、九大跡地4校区協議会ニュース、さらには、公民館報、自治協議会からの行事予定などでまちづくり委員会の活動を報告していますが、校区の皆様や遠くに移り住まれた方々などにもっと多くの方々に情報をお知らせしていく必要があると考えました。
特に、九州大学箱崎キャンパスの跡地利用検討の進捗状況や都市計画道路博多箱崎線(通称 本通り)の廃止を踏まえた見直しなど、今後の校区の発展に左右する問題の情報を皆様にご理解ご協力が得られるよう的確に提供してまいります。

箱崎まちづくり委員会は平成9年にまちづくり協議会として発足し、住民との対話を重視したまちづくり活動により、これまで受け継いできた伝統と文化あふれる環境や連帯感のある地域社会を基調にした、「緑豊かで美しく住み心地のよいまちづくり」に取り組んでいくこととした「まちづくり計画」をとりまとめました。この計画では、九大跡地、交通体系といった校区の重要な土地利用、道路ネットワークなどの公共的な土地利用、校区の生活のあり方とルールなどを定めて、目指すべきまちの将来像を示しています。

現在のまちづくり委員会は、地域が直面する課題のうち、本通りや九州大学跡地利用など生活環境改善の地域活動を協議するとともに、はこざき「そうつくマップ」作成、歴史スポット案内、九州交響楽団メンバーによる「オータムコンサート」およびクリスマスイベントなど地域コミュニティを活発にする活動を進めています。
今後とも、まちづくり委員会は箱崎に暮らしてきた人々とこれから住む人たちとの出会いと交流を深め、お互いにやさしく助け合い、まちづくりのマナーとルールを守り、安全に安心して、みんなが誇りと愛着をもって暮らせる箱崎のまちづくりを目指します。

 

箱崎まちづくり委員会 会長 箱嶋 次雄  

 

 

概要

箱崎のまちの活性化について 維持 価値を守る 歴史・文化資源の保存⇒行事の維持・継承⇒筥崎宮、九大、社寺・地蔵尊などの歴史資産、放生会御神幸、玉せせり 利活用 魅力を活かす 移動の円滑化・わかりやすい案内誘導⇒安全・安心な歩行環境整備、公共交通機関の利用環境の向上、動線を踏まえた適切な案内サイン⇒本通り一方通行と歩道整備、JR箱崎駅に快速を停車、案内サインの整備、史跡説明板 にぎわいづくり⇒新たなイベントの企画と実施、既存イベントの内容充実⇒箱崎を音楽・芸術のまちへ(NPO立ち上げの動き)、筥崎宮行事、人形飾り、夏祭り、オータムコンサートなど、フリーマーケット(参道) 来訪者の満足度の向上⇒休憩施設の整備、食事処・売店の整備、魅力的な土産の企画・実施⇒観光案内所、歴史ボランティア、空き店舗活用、地元産物品、おきゅうと、地元産野菜、伏敵餅の復活 情報発信⇒校区内及び校区外への魅力的な情報発信⇒ホームページ、facebook、マスコミの活用 取組体制 まちづくり委員会が主体的に取り組む 関係者の総力の結集⇒筥崎宮、商店連合会、NPOとの連携 施策の推進⇒住民や来訪者への意見徴収 高齢者買い物サポート⇒社会福祉協議会、商店連合会との連携

沿革

平成9年度    箱崎まちづくり推進委員会結成総会(H9.8.26)
         2分科会(A・B)
        ・住民意識調査
        ・箱崎マップ作成
平成10年度    箱崎まちづくり協議会へ名称変更
         3分科会(第一、第二、第三)
        ・箱崎未来トーク
平成11年度    4分科会(歴史・史跡を守る、第一、第二、第三)
        ・校区夏祭りを体育協会からまちづくり協議会が主催へ
        ・人形飾りをまちづくり協議会が主催へ
        ・九州大学跡地研究・調査
         ・西鉄ストア跡地の利用に対する市長宛要望及び市議会への誓願書提出
         「まちづくりの拠点となる施設の整備に関して」
         ・はこざき四方山話をまちづくり新聞に掲載
平成12年度    5分科会(企画調整、歴史文化、九大跡地、まち整備、地域交流)
         福岡市コンサルタント派遣事業
        ・まちづくりワークショップ
          まち全体及びみちに関して
平成13年度    ・箱崎小学校総合学習「九大跡地利用大作戦」
        ・コミュニティ椅子(バンコ)制作
平成14年度    3分科会(くらし交流、歴史文化、まち企画)
        ・JR新箱崎駅移転開業に伴う事業(H14/12/1)
         旧箱崎駅を感謝する集い、祝賀パレード、むかし昔のはこざき写真展
        ・箱崎イメージソング募集、CD化
        ・本通り交通量調査
        ・大分県天瀬町との交流開始
        ・筥崎宮前歩道不法駐車対策(バリカー設置)
        ・人形飾りを伝統文化保存会が主催へ
平成15年度    ・箱崎本通りの道路拡幅についての意見交換会(2回)
        ・九州大学歴史的建築見学会
        ・本通りを中心としたクリスマスイルミネーションコンテスト

平成16年度     箱崎校区自治協議会設立
         2分科会(くらし交流、まち企画)
        ・クリスマスイルミネーション事業
        ・まちづくりワークショップ
        ・まちづくり計画とりまとめ
平成17年度    ・箱崎まちづくり計画策定
        ・福岡市長及び九州大学総長へ「まちづくり計画」要望書提出(H18/3/31)
        ・マンション規制などのくらしのルール、地域協定の検討 
平成18年度    ・九響メンバーによる弦楽四重奏コンサート (オータムコンサート)
        ・夏祭りを箱崎自治協議会との共催へ
        ・JR箱崎駅快速停車要望書
平成19年度    ・東箱崎校区との九大跡地利用構想勉強会
        ・夏祭りを箱崎自治協議会の主催へ
        ・クリスマスイブ・イブ祭
平成20年度     分科会廃止
         まちづくり委員会へ名称変更
        ・日韓学生箱崎校区モニター調査
        ・地元4校区九大跡地利用協議会設立
平成21年度    ・九大跡地利用4校区協議会提案を総長、市長に要望(H22.3.25) 
平成22年度    ・福岡景観よかとこガイドツアー(NPO法人FUKUOKAデザインリーグ、福岡市)案内
        ・通り名愛称募集、決定(5つの道路)
        ・九大跡地利用4校区協議会提案を新市長に要望(H23.3.4)
平成23年度    ・東区役所事業「道路愛称標識」の設置
        ・箱崎「そうつくマップ」作成、配布
平成24年度    ・facebook「みんなでつくる!箱崎情報ページ」運用開始
        ・九大跡地将来ビジョンを市長、総長に提言
平成25年度    ・東区地域参画予算事業による箱崎歴史スポット説明板設置
        ・箱崎まちづくり委員会ホームページ運用開始